リラックスするためにハーブティーを飲む

okdjskdslkjdks

月経前症候群のツラい症状を緩和するには、食生活の改善や適度な運動、精神的なリフレッシュなど生活習慣を改善することが大事ですが、漢方やハーブのチカラで緩和できることもあります。

ハーブは、ハーブティーなどで手軽に取り入れられますし、薬と違って副作用などの心配もありませんので気軽に試してみるのもおすすめです。

月経前症候群の症状にあわせて選ぶハーブの種類も異なってきますが、効果の期待できる代表的なハーブは以下のようになります。

●カモミール
胃腸の調子を整え、吐き気、食べ過ぎ、ストレス性の下痢などを改善します。心身をリラックスさせる効果があるので、不安の解消や不眠の改善にも役立ちます。
●セントジョンズワート
鎮静作用、抗うつ作用があり、不安や緊張、ストレスなどの解消に効果が期待できます。
●ダンディライオン
利尿作用により、むくみなどに有効です。便秘や消化不良の改善にも効果的です。
●スカルキャップ
神経系を鎮静する作用があり、ストレスや精神的な不調を緩和します。不安、緊張、不眠症にも効果が期待できます。
●ローズヒップ
ビタミン類が豊富に含まれ、特にビタミンCの補給に最適なハーブ。シミ予防や美肌効果も期待できます。
●レモンバーム
気持ちを落ち着かせる効果のあるハーブ。レモンのような爽やかな香りが特徴。
●チェストツリー
女性ホルモンのバランスを整える作用があり、イライラなどの月経前症候群の代表的な症状を改善してくれます。
苦みがあるので、単体ではなく、ローズヒップなどとブレンドするととても飲みやすくなります。但し、チェストツリーは妊娠中や授乳中の方は飲用しないようにしましょう。